自律神経

食物繊維、水溶性と不溶性を含む食品で便秘解消

●水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の違い
水溶性食物繊維と不溶性食物繊維にはそれぞれ、このような効果があります。

・水溶性食物繊維
水分を多く含んでいる、水に溶けやすい食物繊維です。
腸に到達すると便に水分を含ませ、便を柔らかくする効果があります。
ですが、摂取しすぎると下痢になりやすい点と、便の量を増やすことが出来ないので毒素が体内に溜まりやすいのが難点。

・不溶性食物繊維
水分は少なく、水に溶けにくい食物繊維です。
便の量を増やし、腸を刺激し排出を促す効果があります。
ですが、便から水分を奪い、便を固くしやすくなりますので、便秘になりやすいのが難点。

このような違いがあります。
これら二種類の食物繊維にはそれぞれ、メリットデメリットがありますので…
バランスよく摂取することで、便秘解消効果が抜群になるんです!

●片方の食物繊維だけじゃだめなの?
上記の通り、それぞれの食物繊維には、メリットとデメリットがあります。
片方だけを摂取してしまうと、快便は望めないのです。
ですが、現在過度の便秘気味、または過度の下痢気味と言う方は話が別。
まずは片方の食物繊維を多めに摂ってみて、腸内環境を整えることが大切です。
便秘気味の方は水溶性食物繊維を、下痢気味の方は不溶性食物繊維を多めに摂ってみましょう。
腸内環境が一度リセットされたら、水溶性1:不溶性2のバランスで摂取し始めましょう。

●水溶性食物繊維と不溶性食物繊維を含んだ食べ物って何?
水溶性食物繊維を多く含んだ食べ物の代表例は、キャベツやフルーツ、海藻などの、水分量が多い食材です。
逆に不溶性食物繊維は、ゴボウやニンジン、トウモロコシや大豆などの水分量が少ない食材があげられます。
サラダや野菜炒めなどを作る際に、これらの食材を上手く利用してみましょう。
水溶性と不溶性の食物繊維をバランスよく食事に取り入れること。
そうすることで便秘解消し、快便な生活を送ることが出来るでしょう。