自律神経

便秘解消と難消化性デンプン

●難消化性デンプンって何?
難消化性デンプンとは、消化されにくいデンプンの事を表します。
冷えたご飯や玄米などに多く含まれているデンプン質で、体に様々な効果をもたらします
温かい白飯からは摂取することが出来ないこのデンプン質。
白米の場合は、一度炊いて冷やしたご飯のみに発生することが、最大の特徴と言えるでしょう。
玄米の場合は温かくても微量ながら残っているという事ですので…
冷や飯が嫌な場合は、玄米を食すことをオススメします。

●難消化性デンプンはなぜ便秘解消に効果的?
胃液で消化されにくいこのデンプンは、腸に到達すると食物繊維のような働きを起こします。
その結果腸を活性化させ、便をスムーズに排出してくれるのです。
また、難消化性デンプンには腸を若返らせ、自発的に働くように促す効果もある為…
弱ってしまった内臓器官を、修復する働きがあると考えられるでしょう。
また、腸の周りに脂肪が付くと、腸の働きが鈍り便秘になりやすくなると言われています。
難消化性デンプンは、腸からの脂肪吸収を抑える効果もありますので、腸の周りに脂肪が付くことを防ぎます。

●難消化性デンプンのその他の効果
便秘解消効果のみではなく、その他にもこのような効果があることがわかっています。

・美肌効果
肌のターンオーバーを促す効果が高い為、シミやそばかすを薄くする効果があると言えるでしょう。
また、肌荒れや肌のくすみにも、効果を発揮します。

・脂肪燃焼効果
難消化性デンプンを多く含んだ食事を摂取して運動をすると…
通常のご飯を食べた後より、多く脂肪を燃焼する効果があることがわかっています。
難消化性デンプンは、ダイエット効果もあると考えられるでしょう。

・血糖値の上昇を抑える
冷やご飯を食べた後の血糖値を測った結果、白米に比べ血糖値が上昇しにくくなることがわかりました。
血糖値の上昇は様々な生活習慣病を引き起こすきっかけになりますので…
健康を維持するためにも、冷やご飯は良いと言えるでしょう。