自律神経

便秘解消のお茶の成分について

●便秘解消用のお茶にはどんな成分が入っている?
便秘解消効果のあるお茶には、このような成分が含まれています。

・ブラックジンジャー
しょうがの一種で、冷え症を改善し、新陳代謝アップ、ダイエット効果が期待出来ます。

・ヒハツ
ペッパーの一種で、血流を良くし、体温を上げる効果があります。

・キャンドルブッシュ
ハーブの一種で、体内に入ることで腸を活性化させ、腸内環境を整えます。
また食物繊維が豊富なため、悪玉菌を減少させる効果があります。

・ローズマリー
ハーブの一種で、肌荒れを改善する美肌効果もあると言われています。

・センナ
医薬品としても使われている植物の一種です。
茎のみが市販のお茶の成分として利用されることが多く、強い便秘解消効果があります。

・難消化性デキストリン
水溶性の食物繊維で、便を柔らかくし、排出しやすくする効果があります。
また便の量を増やすため、デトックス効果も高い成分です。

・ガルシニア
果物の一種で、糖分や炭水化物が脂肪として定着するのを防ぐ効果があります。
また、肝臓の働きを助け、消化を助けます。

・サラシオブロンガ
植物の一種で、糖の吸収を抑える効果があります。
…このような成分が含まれていることが多いようです。
ハーブの一種や植物の一種など、天然の成分をメインに、体に優しい成分で作られているお茶が多いようです。

●便秘解消用のお茶のこんな成分に注意!
成分の中に、“センナ”や“キャンドルブッシュ”という成分が含まれていたら要注意。
この二つは医薬品として扱われている成分ですので、大量に摂取すると大変危険です。
特にセンナは、飲み続けることで、激しい腹痛、下痢などを引き起こす他…
腸の働きが弱ってしまい、自力で排便をすることが困難になってしまうこともあります。
この二つの成分が含まれているお茶の場合は出来るだけ使用を控えるようにしましょう。
また、どうしても飲む場合は医師に相談の上、少量を飲むように心がけてみて下さい。