自律神経

直腸性の便秘解消法

●直腸性の便秘とは?
直腸性の便秘とは、便の状態や、腸の働きには問題がない便秘を指します。
ではなぜ便秘になってしまうのか?
それは、肛門の働きが鈍っていることに原因があるのです。

直腸性の便秘になった時の特徴は、これらがあげられます。
・便が出にくく、力んでも出ない。また、痔になりやすく、排便に時間がかかる
・便意を感じることが少なく、お腹に溜まっていても気が付きにくい
・排便時に痛みを感じる、または排便時に下腹部や肛門などに違和感があるまた、この便秘のタイプの方は、直腸に便が長く留まる傾向があります。
その為、便から水分が抜けやすく、非常に固い便が出るのも特徴です。

●直腸性便秘の原因は?
直腸性の便秘は、肛門の働きが鈍って便の排出が困難になることが原因とされています。
肛門の働きが鈍ってしまう原因は、これらがあげられます。
・肛門付近に痔や腫瘍が出来ており、排便を邪魔している
・肛門の筋力が弱く、排便の調節が上手く出来ない
肛門の開け閉めの機能が鈍っている

●直腸性の便秘を解消する方法は?
直腸性の便秘を解消するためにはこれらの方法が効果的です。

・便意を我慢しない
便意を頻繁に我慢することで、肛門が必要以上に力んでしまうようになり、排便を邪魔してしまう可能性があります。
肛門の開け閉めの機能が鈍る原因になりますので、便意は出来るだけ我慢せず、すぐにトイレに行きましょう。

・痔や腫瘍を治療する
痔持ちの方や腫瘍がある方は、痔の治療、腫瘍の切除をすることで、肛門が正常に作用するようになります。
腫瘍の場合は命の関わる危険もありますので、出来るだけ早めに病院に行き、治療を行うようにしましょう。

・肛門の筋肉を鍛える
極度の筋力不足の場合、肛門の筋肉を鍛えることで便秘を解消出来ることがあります。
肛門の力を入れる、緩める…と行うだけで鍛えられますので、こまめに行ってみましょう。
ですが、便意を感じた時にこの運動を行うと逆効果ですので注意が必要です。