自律神経

弛緩性の便秘解消法

●弛緩性の便秘って何?
一口に便秘と言っても、様々な便秘の種類があります。
その中の1つが、“弛緩性”の便秘です。
弛緩性の便秘は、水分不足や無理なダイエット、筋力の低下が原因で発生する便秘で…
日本人(特に筋力が少ない女性や高齢者)の多くが、この便秘に悩まされています。
便秘に悩まされている多くの人は、この弛緩性の便秘である可能性が高いでしょう。

●弛緩性の便秘の特徴は何?
弛緩性の便秘の特徴は、
・便が固く、力を入れてもなかなか出ず、出てもウサギのフンのようにコロコロとしている、少量
・ポッコリとお腹が張り、ズボンのウエスト周りがきつくなっている
・ガスが溜まっているためおならが多く出る、またはおならがあまり出ず、お腹が苦しい
このような特徴が表れます。
また女性の場合、この症状に加えて“肌荒れ”を起こすことも。

ニキビなどの肌荒れというよりはどちらかというと、
“触ると肌がガサガサしている”“吹き出物のような小さなポツポツが出来ている”タイプの肌荒れを起こします。
便秘が解消しない限り、洗顔をしても肌荒れが治らないのも特徴です。

●弛緩性の便秘を解消するには?
弛緩性の便秘を解消するには、これらの方法を行いましょう。

・規則正しい生活
三食きちんと食べ、運動をし、よく眠るように心がけましょう。
ありきたりなことですが、腸を動かすためには最も効果的です。
ストレスを発散させることも、便秘解消には欠かせないでしょう。

・腹筋を鍛える
筋力の低下が原因で、便を出すことが難しくなっている可能性があります。
普段から運動をあまりしないという女性は特に、腹筋を鍛え、排便をしやすい体作りをしましょう。
便通が訪れても、筋力が足りないと排便できずに、便秘が悪化してしまう恐れがあります。

・水分を多めに飲む
水分の摂取量を増やし、便を柔らかくするようにしましょう。
季節にもよりますが、夏場は2リットル、冬場は1・5リットルは飲むようにすることで…
体内に水分が行き渡り、便の固さも和らぎます。