自律神経

便秘解消に下剤は使わない方がいい?

●下剤のメリット
下剤のメリットとしてあげられるのは、やはり“より早く、確実に”便を出すことが出来る点と言えるでしょう。
長期的に便が溜まってしまってどうしようもないと言う方など…
便を一刻も早く体外に出さなければいけない状態の人には、必要な薬と言えます。
また、浣腸など、薬によっては小さなお子さんでも使うことが出来るのがメリットの一つ。
どうしようもないしつこい便秘を、素早く解決してくれます。

●下剤の危険性について
便利な下剤ですが、下剤を使い続けると、このような危険性があります。

・自力で排便が出来なくなる
薬を飲み続けることで、腸の働きが鈍くなってしまい、自力で排便が出来なくなってしまうことがあります。
また、薬を頻繁に使うことで薬に体が慣れてしまい、今までと同じ量の薬では排便が出来なくなることも…
下手をすると、下剤なしでは生きていけない、薬物依存症のような状態になってしまいます。

・副作用に悩まされることも
便秘の薬には、副作用がある物も存在します。
また、効果が高い便秘薬の場合は特に、副作用が強いものも数多くあるため…
便秘が解消しても、頭痛や吐き気、胃痛など、他の症状に悩まされるようになることもあるんです。
病院でもらった薬の場合は特に、効果が高い為その傾向が強いと言えるでしょう。

●下剤は使わない方が良いのか?
では、下剤は使わない方が良いのかというと、一概にそうとは言い切れません。
本当に便が排出されずに困った場合は、薬を使うことで、腸の奥の便まですっきり出すことが出来ます。
大切なのは、“薬だけに頼ってはいけない”ということ。
便秘を解消するために薬だけに頼るのではなく、まず、便秘を解消しやすい体作りをするように心がけましょう。
食生活の見直しや、運動、筋トレなど、日頃の生活スタイルを見直すことが大切です。
日頃から便秘をしにくい体を作っておくことで、万が一、便秘になってしまった際も…
一度薬を使って溜まった便を出すだけで、それ以降は便秘になりにくくなりますよ♪