自律神経

不溶性食物繊維の摂りすぎは便秘解消に逆効果になる?

●食物繊維には二種類ある
一口に食物繊維と言っても、二種類の食物繊維に分類されます。
“水溶性食物繊維”と、“不溶性食物繊維”です。
水溶性食物繊維は、読んで字のごとく水に溶けやすい食物繊維のこと。
不溶性食物繊維は、水に溶けにくい食物繊維の事を表します。

●水溶性と不溶性、一体何が違うの?
この二つの食物繊維、一体何が違うのかざっと説明すると、

・水溶性食物繊維
水溶性食物繊維は、便を柔らかくし、排出しやすい状態にする効果があります。
ですが大量に摂取すると、便の水分が増えすぎて下痢になってしまうことも

・不溶性食物繊維
便の量を増やし、腸壁を刺激する効果があります。
ですが大量に摂取すると、便が固くなりやすくなり、便秘になりやすくなってしまいます。

このように、同じ食物繊維でもこれだけの違いがあるのです。
不溶性食物繊維も健康維持のためには必要な成分ですが…
不溶性食物繊維のみを大量に摂取してしまうと、便が固くなり、便秘解消どころか便秘になってしまうことがあります。

●不溶性食物繊維は取らない方が良い?
不溶性食物繊維は摂らない方が良いかというと、一概にそうとは言えません。
不溶性食物繊維は腸を刺激し、排便を促す効果があるからです。
また、便の量を増やし体内の不必要なものの排出を促すため、デトックス効果が高いでしょう。
大切なのは、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維を摂取するバランス。
理想のバランスは、水溶性:不溶性=1:2と言われています。
また、便秘に現在悩まされているという方は、一度水溶性食物繊維(りんご等のフルーツ、海藻)を多く摂ってみましょう。
水溶性を摂取することで、便が柔らかくなり、体内の固まった便を排出しやすくなります。

●不溶性食物繊維はどんな食べ物?
不溶性食物繊維の代表としてあげられるのは、
・とうもろこし
・唐辛子
・大豆などの分厚い皮の穀類
・小麦
これらの食材です。
水溶性食物繊維とバランスよく摂取することで、便秘解消効果があるでしょう。