自律神経

便秘解消に良いストレッチ

●ストレッチはなぜ便秘解消に効果があるのか?
ストレッチが便秘解消に効果がある理由は、“ストレッチの動きで腸を刺激する”ことにあります。
体外からアプローチをかけることで、なかなか動かない腸も、動きやすくしてくれるのです。
また、深く呼吸を吸ったり吐いたりすることも、腸の活動を活発化させることには欠かせません。
ストレッチを行うことは、便秘を解消するために、外側からアプローチをかける手段と言えるでしょう。

●ストレッチなら何でもいいわけではない?
息を深く吸って吐くという事は、筋肉を解し、腸を動かす一つのきっかけにはなりますが…
これだけでは、便秘を解消することは難しいと言えるでしょう。
大切なのは、腸を動かす効果の高い部分をストレッチさせること。
便秘解消するためには、股関節回りの筋肉をストレッチさせることが重要になります。

●便秘解消効果のあるストレッチとは?
股関節回りのストレッチをする方法は、これらがあげられます。
・腰をひねるストレッチ
1両足を伸ばして仰向けに寝転がります。(手は自然にお腹の横に下ろしておきましょう)
2息を吸いながら右足を大きく上げ、息をはきながら腰を捻るように左側に倒しましょう。
 (捻ったまま、右ひざの力は抜きます)
3首を右側に向けて、捻ったまま10秒キープ。
4状態を1に戻し、反対側も同じことを行いましょう。
1~4を左右それぞれ二往復行ってください。

・座って行うストレッチ
1足と足の裏をつけて座ります。
2そのまま膝が床に付くように、息をはきながら手で膝を押しましょう。
 (床まで膝がつかない場合は、少し痛みを感じる所まで伸ばしてください)
3呼吸をしながら、10秒キープします。
4息を吐きながら1の体勢に戻り、同じことを3回繰り返しましょう。

このストレッチは無理をして行うと、股関節が痛む可能性があります。
特に股関節が固い方は、大変危険です。
必ず呼吸を履きながら、無理をしすぎないように行ってください。